ドリプラとは/いのち輝かせフェスティバル

ドリームプラン・プレゼンテーションとは

―だれもがワクワクする感動と共感のプレゼンテーション―

いい親子(画像)

 事業の概要説明も売り上げ目標や収益性などの数字も示されない。 そこにあるのは、最幸の価値の体験とプレゼンターのあきらめない理由だけである。

事業の価値を説明するのではなく、見ている人にその事業が社会に広まった時、 どんなシーンが起こるのかを体験してもらうのがドリームプラン・プレゼンテーション (以下、ドリプラ)です。

プレゼンターは10分間という限られた時間の中で、 事業の価値、あきらめない理由を体験的に伝え、 見ている人たちに大きな感動と共感を与えます。

その結果、真の支援者を集めることができるようになるのです。

私たちの思いは、 すべての人々が夢と勇気と笑顔にあふれた社会を創ることです。

夢のきっかけは、過去の体験であったり、人との出会いであったり、 思いつきであったりするかもしれません。

しかし、どのようなきっかけであれ、どれもが未来を創造する素晴らしい夢の種です。

とはいえ、どんなに素晴らしい夢であったとしても、それを実現させようと考えるほど、 問題がたくさん見つかるでしょう。

けれども、まわりの人々が夢に共感して、 「あなたの夢を、ぜひ応援させてください!」 と、言われるようになれば、夢が実現する可能性は飛躍的に高くなります。

人々の心が震え、プレゼンターと同じ思いになる感動と共感の体験型プレゼンテーショ ンによって、夢は現実化していきます。

プレゼンターが、自分らしく輝きながら夢を語り、誰もが一緒にその夢を実現したい、と 思い憧れるような存在になる。

10分間の感動と共感のプレゼンテーションを通して、 輝きながら夢に挑む人々と感動を共有する場が、このドリプラです。

社会に貢献する夢に挑戦する人たちが賛美され、 みんなでその夢を応援する社会を創ります。

*************************

夢(ドリーム)プラン・プレゼンテーションの詳細は
下記HPをご覧下さい。
http://drepla.com/about/

*************************

ドリームプラン・プレゼンテーション 6つの条件

ドリームプラン・プレゼンテーションで発表するプランは、 社会に新たな価値と感動を提供するビジネスプランです。

それは下記の6つの条件を満たすものです。

  1. 社会貢献度が高い事業であること
  2. 独自の価値・魅力があること
  3. 事業として発展性があること
  4. 実現のための準備ができていること
  5. 発表者の人生観とリンクしていること
  6. 人々をワクワクさせること

<夢とは>

誰でもいつでも自由に夢を持つかことができます。

もし夢を阻むものがあるとすれば、それは自分だけです。
環境や他人が自分の夢を阻むことはできません。

そして、自分が夢に向けてあきらめずに挑戦し続ける姿は、
他人に勇気を与え、他人の夢を育みます。

夢に挑戦する大人の姿に、子どもは心を奪われるのです。

夢の十カ条

【第一条】夢は、自分がどのような状況にあっても、自由に描くことができる

【第二条】すごいことだけが夢ではない。身近で些細なことでも、すばらしい夢がたくさんある

【第三条】夢を描く時は、できるかできないかを考えないこと

【第四条】夢は、雰囲気を感じるほどまで、明確にすること

【第五条】まわりの人や社会に役立つ夢を持つ

【第六条】夢は、同時にいくつでも持つことができる

【第七条】常に、今目指している夢を、一つ以上は持っていること

【第八条】その夢を考えると、ワクワクすること

【第九条】夢とは、どんな困難を乗り越えても、達成したいものであること

【第十条】行動してこそ夢。行動の伴わないものは、幻である

いのち輝かせフェスティバル

2012年11月24日(土)12:00〜16:30
場所 クレオ大阪東

道志真弓さん講演

【生まれてきてくれてありがとう!】

不妊治療の末、やっと授かった娘さんは世界で37例の症例しかない染色体異常。
出産当日に「今夜が峠」と言われ、歩く事も話す事も出来ず、泣かせると呼吸困難になるという状態
だったといいます。
しかし最後に自分の腕の中でそっと息を引き取るまでの8年間、自宅で懸命に看病し続けられました。
大変な状態だったにもかかわらず、娘さんを囲んでの生活は、笑顔が絶えない毎日
だったそうです。
娘さんの存在が家族に教えてくれたこと、命の大切さ、家族であること、生きるとい
うこと、そして物事のとらえ方や考え方で、自分の人生はとても楽しく変わる事を
お話下さいます。
著書「笑顔の戦士」

------------------------------

いのち輝かせドリプラ

「親子の絆」「いのちを輝かせる」をテーマとした夢の発表の場

「いのちを輝かせる」をテーマとした、大人が本気で夢を語るプレゼンテーション。
みんなが輝く社会になってほしいと、10分間の限られた時間の中で、精一杯の想いを
こめ、夢を発表します。
見ている人たちに大きな感動と勇気と希望をあたえます。

「ドリプラ」で夢を話したい!!

------------------------------

山本文子さん講演

出産・子育て支援・高齢者支援(助産院、おやこひろば、デイサービス)を三本柱として、
NPO法人いのちの応援舎を平成18年、仲間とともに設立。
赤ちゃんの泣き声が聞こえ、子どもから大人までがともに暮らす、こころ温まる福祉施設で、
今では‘相談できる駆け込み寺’として、地域の方々に親しまれています。
また、「いのちの応援塾」塾長として、「辛いいのちを応援し、自分自身のいのちを輝かせる
『いのちの応援団』の育成」も行っています。「いのちってあったかい」「性を大切にすることは
いのちを大切にすること」をテーマとした20数年にわたる講演活動も続けています。

それぞれの活動と実績は、NHK「山本文子スペシャル」をはじめとする新聞や
メディア、各種表彰(保健文化賞や女性のチャレンジ賞受賞)等を通じ、高い
評 価を得ています。年齢は関係なく、誰でもいつでも夢は実現できること、
そしていのちの誕生、つながり、生きていることの素晴らしさ等について、
お話下さいます。

著書「いのちの応援団」シリーズ
ページ上に戻る