育児ノイローゼにお悩みの方へ ”命輝かせイベント”

いのち輝かせプロジェクト(後援 財団法人大阪労働協会)

いい親子(画像)

こんにちは(*^_^*)

いのち輝かせプロジェクト
いのち輝かせ屋
国際助産師どど☆こと小川圭子と申します。

今回の いい親子の日 に
「いのち輝かせフェスティバル」を開催したいと思った
発起人&実行委員長でもあります。

まずはなぜ、私がこのイベントを開催したいと思ったのか、
少しお伝えさせて頂きます。

私は現在大阪市淀川区で
助産院「いのち輝かせ屋」を開業させて頂いています。

妊婦教室や母子訪問、母乳育児相談、育児相談等の役割を通じて
地域での妊産婦さんのサポート&応援団として、関わらせて頂いています。

今まで10年以上にわたり、アフリカやアジアの国々で
助産師・看護師として、国際協力のお仕事をさせて頂いてきました。

経済的に豊かな日本。でも、・・・

経済的には貧しく、十分な食事を食べられない子ども達も
たくさんいる発展途上国で、経済的な豊かさへのあこがれから、たびたび、
「日本は素晴らしい」「日本のようになりたい」という言葉を耳にしました。

しかし日本に帰国してみると、多くの人が疲れた表情で町を歩き、
自殺、人殺し、親殺し、そして無差別殺人のニュースも決して珍しくはない現状です。

産後のお母さん達と関わらせて頂く中でも、
旦那さんが仕事で多忙だったり、都会の核家族化や
実家が遠い、頼れる人がいない等の理由で
誰からもサポートが受けらない状況で、孤独な育児をされていたり、
子育てにもひとりで悩み、マタニティーブルーや産後うつ、育児ノイローゼに
近い状況におられる方も、決して少なくはありません。

児童虐待件数も、大阪は日本でもトップクラス。

この様な現状を身近に感じている中、
経済的には豊かで、便利で、医療も進み、世界から憧れられている日本ですが、
本当にこれが、心から世界に誇れる日本の姿なのだろうか?

そんな疑問と矛盾を感じました。

「日本を笑顔にしたい!」

そんな中、「日本を笑顔にしたい!」
という氣持ちが湧きあがってきました。

お互いに支えあい、助けあい、思いやれる社会を創る事で
大人が元気にそして笑顔になり、
子ども達も元気で笑顔になります。

未来を担う子ども達が、大人からの愛情をしっかり受け取り、
安心して、信頼して、健全な心で成長していける愛あふれる社会、
そして経済的豊かさを追い求めるだけではなく
心の豊かさが大切にされる世の中を創っていきたいです!!!

世界一頑張りやさんの日本のお母さんへ

いい親子(画像)

私は、日本のお母さんは世界一頑張り屋さんだと思っています。
子どもに対する自己犠牲もいとわない程の愛情、細やかさ、
完璧さ、気遣い・・・本当に本当に素晴らしいと思います。

母子訪問に行かせて頂いた際も、ほとんどの場合
赤ちゃんは順調に成長し、授乳も上手に出来ています。

なのですが・・・。

皆さん口をそろえておっしゃるのが
「これでいいのかどうか分からない。」
「不安です。だから比較しています」
「上手くいっている自信がない。」

と、子育てにそして自分に自信が持てず、
悩んでおられる方が多いです。

そこで誰かがちょっと、「上手くいってるよ」と伝えてあげれたり
「おっぱいはよく飲んでるし、うんちもよく出てるし、まっ大丈夫♪」
って自分で自分を認めてあげられればいいなぁ〜って思います。

その為に一番大切なのは、
「自分の存在は素晴らしい」
「自分は大切な存在なのだ」
と思える「自己肯定感」 

「自己肯定感」を持つ事ができれば、
人々が本来持って生まれた
愛 や 優しさ、 思いやり や 感謝の氣持ち
が自然とあふれ出すのではないか、そして
それらを他者との間で循環させる事で、
日本に笑顔が増えるはず!!!

そんな事を考えつきました。

「自己肯定感」を持って生きる

だからまず、大人が自分を大切に
「自己肯定感」を持って生きる事が大切なんだと気づきました。

「いのちが輝いている」状態とは、

自分らしく、ありのままの自分を生きている状態。

自分の心が、いのちが、魂が、喜ぶ生き方をしている状態。

人それぞれのいのちの輝き方があっていい。

私はそんな風に感じています。

この地球に存在する人達はみんな
いのちのバトンを受け継ぎ、愛され、望まれ、必要とされて生まれてきました。

そのいのちの大切さを実感し、親子の絆を実感し、
自分らしく、ありのままの自分を生きるきっかけを
このイベントでつかんで頂けたら幸いです。

人生はたったひとりとの出会い、小さなきっかけ、
ほんの少しの勇気により、大きく変わっていきます。

「いのち輝かせフェスティバル」について、もっと詳しく知りたい方は、ここをクリック

いのち輝かせフェスティバル

2012年11月24日(土)12:00〜16:30
場所 クレオ大阪東

道志真弓さん講演

【生まれてきてくれてありがとう!】

不妊治療の末、やっと授かった娘さんは世界で37例の症例しかない染色体異常。
出産当日に「今夜が峠」と言われ、歩く事も話す事も出来ず、泣かせると呼吸困難になるという状態
だったといいます。
しかし最後に自分の腕の中でそっと息を引き取るまでの8年間、自宅で懸命に看病し続けられました。
大変な状態だったにもかかわらず、娘さんを囲んでの生活は、笑顔が絶えない毎日
だったそうです。
娘さんの存在が家族に教えてくれたこと、命の大切さ、家族であること、生きるとい
うこと、そして物事のとらえ方や考え方で、自分の人生はとても楽しく変わる事を
お話下さいます。
著書「笑顔の戦士」

------------------------------

いのち輝かせドリプラ

「親子の絆」「いのちを輝かせる」をテーマとした夢の発表の場

「いのちを輝かせる」をテーマとした、大人が本気で夢を語るプレゼンテーション。
みんなが輝く社会になってほしいと、10分間の限られた時間の中で、精一杯の想いを
こめ、夢を発表します。
見ている人たちに大きな感動と勇気と希望をあたえます。

「ドリプラ」で夢を話したい!!

------------------------------

山本文子さん講演

出産・子育て支援・高齢者支援(助産院、おやこひろば、デイサービス)を三本柱として、
NPO法人いのちの応援舎を平成18年、仲間とともに設立。
赤ちゃんの泣き声が聞こえ、子どもから大人までがともに暮らす、こころ温まる福祉施設で、
今では‘相談できる駆け込み寺’として、地域の方々に親しまれています。
また、「いのちの応援塾」塾長として、「辛いいのちを応援し、自分自身のいのちを輝かせる
『いのちの応援団』の育成」も行っています。「いのちってあったかい」「性を大切にすることは
いのちを大切にすること」をテーマとした20数年にわたる講演活動も続けています。

それぞれの活動と実績は、NHK「山本文子スペシャル」をはじめとする新聞や
メディア、各種表彰(保健文化賞や女性のチャレンジ賞受賞)等を通じ、高い
評 価を得ています。年齢は関係なく、誰でもいつでも夢は実現できること、
そしていのちの誕生、つながり、生きていることの素晴らしさ等について、
お話下さいます。

著書「いのちの応援団」シリーズ
ページ上に戻る